自己満足の殿堂

NO FALCONS, NO LIFE

【NFLドラフト感想】ファルコンズの指名 3日目

EDGEとRBがたまらなく欲しい

1日目と2日目はこちらから

 

majoranafalcon.hatenablog.com

majoranafalcon.hatenablog.com

 

1巡4位→カイル・ピッツ,TE

2巡35位→2巡40位(ダウン)→リッチー・グラント,S

3巡68位→ジェイレン・メイフィールド,OL

4巡108位

4巡114位

5巡148位

5巡182位

5巡183位

6巡187位

(赤字はトレードダウンにより獲得した指名権)

 

更新が遅れてしまいましたが,3日目の指名も振り返っていきたいと思います.この日は特に指名権が潤沢にあるため,4巡2つでRBとEDGE,残りでDBDLのデプスを埋めていけたらなというのが希望です.

 

4巡108位指名 ダレン・ホール, CB, サンディエゴ州立大

CBもニーズの一つではあったものの,4巡はRBとEDGEに絞っていたので意外でした.リーチという声もあればunderratedという評価もある.NFLのCBとしてはサイズ,スピードは平均的,大学ではSも経験しているversatileな選手とのこと.ニッケルとして1年目からプレーできると思います.

 

4巡114位指名 ドリュー・ダーマン, C, スタンフォード

これは荒れそうなピック.というのも,去年もマックがチームを去るのに備えて3巡でマット・ヘネシーを指名しています.確かに,ルーキーイヤーのヘネシーは正直微妙なパフォーマンスでしたし,C自体の数は減っているわけですから競争という点で理解はできますが,4巡を使うほど優先度が高いのかという点に関しては疑問が残ります.そこに関してはBPA志向のフロントを信じたいと思います.

技術はあるが体は小さい,ファルコンズのスキームには適しているそうで,Aスミスの目には前任が指名したヘネシーより魅力的に見えたのかもしれません.

父親は2005年にファルコンズでOLコーチだったそうです.

 

5巡148位指名 テイクアン・グラム, DT(DE?), テキサス大

ここでようやくDLを指名.指名自体はDEとして読み上げられていましたが,ポジションはDTとなっています.身体能力は非常に高く,ランD#が優れており,パスラッシュは成長の余地あり.特にOG,OTの間にセットする3テクニックに適しており,内側から強烈なパスラッシュをかけられるような選手になって欲しいです.

 

当日はここで寝落ち.

 

5巡182位指名 アデ・オグンデジェイ, DE, ノートルダム

名前読めない.2連続でDLを整えてきました.

フィジカル面ではジェイソン・ピエールポールと比較されています.2020年は7サック,7TFLの成績でした.名門ノートルダムでキャプテンを務めたリーダーシップにも期待したいところです.

 

5巡183位指名 アベリー・ウィリアムス, CB, ボイジー州立大

CBを指名しましたが,むしろリターナーとしての能力に期待されているみたいです.昨年リターナーを務めたブランドン・パウエルも移籍したので,パント専門で昨年のUDFAのローランドと競争することになるでしょう.

 

6巡187位指名 フランク・ダービー, WR, アリゾナ州立大

とりわけサイズがあるわけではありませんが,デプスのレシーバーは小柄な選手が多いので貴重な存在になれそうです.スピードは突出している訳ではないが,ルートランの技術は持ち合わせており,"smaller Mohamed Sanu"になる可能性を秘めているとのこと.

 

3日目まとめと総括

4巡の時点ではかなり戸惑いましたが,それ以降はニーズにあったピックができたのではないでしょうか.事前評価の高い選手が残っているにもかかわらず,同じポジションの別の選手を指名するというディミトロフイズムを感じた場面もありましたが,逆にそういう選手ほどプロでどのような活躍をするのか楽しみではあります.

 

今年は新GM新HCの下での最初のドラフトでしたが,中心選手を指名して1から出直すというよりは,O#にはさらなる強度を,D#は層を厚くという私の思い描く形になって良かったと思います.唯一の心残りが今年もRBを指名しなかったこと.前回,前々回の記事で名前を挙げたゲインウェルもずっと残っていたので来るか!?と意気揚々としていましたが叶いませんでした.

 

ドラフトが終わると次はルーキーとの契約.普通のチームなら特に気にする必要がないことですが,ファルコンズの壊滅的なキャップ事情ではルーキーと契約するスペースが足りず,その打開策としてフリオのトレードまでもが話題に挙がっています.

ただファンとしては,ライアンxフリオxリドリーxピッツという至極のO#陣を是非見たいものですね.

【NFLドラフト感想】ファルコンズの指名 2日目

ニーズをどこまで埋められるのか

 

1巡4位→カイル・ピッツ,TE

2巡35位→2巡40位(ダウン)EDGE? S?

3巡68位→EDGE? RB? OL?

4巡108位

4巡114位

5巡148位

5巡182位

5巡183位

6巡187位

 

(赤字はトレードダウンにより獲得した指名権)

まずドラフト前にバックアップQBとしてA.J.マキャロンと契約.ショーブの引退もあり,どこかでQBを補強するとGMも発言していましたが,すぐに動きましたね.

さらに,2巡指名権をDENにトレードダウンし,5つ順位を下げて4巡を獲得しました.

指名権も増えたところで,残りの2日でD#をメインに指名して欲しいですね.

 

2巡40位指名 リッチー・グラント, S, UCF

手堅くニーズを指名できました.ファルコンズはオフにキアヌ・ニール,ダモンテ・ケイズィー,リカルド・アレン(CB?)という主力級が3人抜けており,現在はデュロン・ハーモン,エリク・ハリスらのベテラン補強組と2年目のジェイリン・ホーキンスという陣容.正直抜けた穴は埋まっていなかったので上位で指名できて安心です.

身体能力が別段優れているというわけではないようですが,パスランともに安定感はありそうです.

 

3巡68位指名 ジェイレン・メイフィールド, OL, ミシガン

3巡ではOLを指名.個人的にはEDGEの方が優先度は上だと思っていたので少し意外でした.大学時代ではRTメインで先発.512のパスブロッキングスナップでサックは2度しか許していないとのこと.プロではGとして起用されるようで,昨年先発のカーペンターのリリースにより空席となったLGが濃厚です.これでOLはLTマシューズを除いて4人が3年目以内というかなり若いユニットになりました.

 

 

3日目への期待

最終日は4巡x3,5巡x3,6巡x2と潤沢に指名権があります.まずは4巡でRBを指名して欲しいです.昨日触れたケニス・ゲインウェルはまだ残っています.あとはとにかく層の薄いD#陣を補強できればという感じでしょうか.

新体制のもとでの最初のドラフトですがここまでは良い内容だと思います.最終日にも期待.

 

 

【NFLドラフト感想】ファルコンズの指名 1日目

チームの行く末が決まる日

 

お久しぶりです.ドラフトということで戻ってまいりました.今年の指名権はこんな感じ.

1巡4位

2巡35位

3巡68位

4巡108位

5巡148位

5巡182位

5巡183位

6巡187位

 

今年も昨年同様,3日間に渡って指名の感想を書いていこうと思います.私自身プロスペクトの細かい評価等はあまり調べられていないのでニーズやチーム状況を鑑みての感想になります.

 

前置き:ライアンで勝つ?フランチャイズQB探し?

今年はチーム,ファンにとって非常に大きな意味を持つドラフトになります.オフに新GMフォンテノ,HCスミスを迎え,FAでRBマイク・デービス,コーダレル・パターソン,Sデュロン・ハーモンらを獲得していますが,彼らがどういうビジョンを持っているのかという部分に関しては不透明なままでした.

というのも,フランチャイズのレジェンドQBマット・ライアンとWRフリオ・ジョーンズの去就が度々話題に上がっており,特にQBが豊作のこの年に全体4位という好位置で指名するのか否かというのが大きな関心事でした.

 

というのが前置きの前置き.

 

3月中旬にライアンが契約のリストラクチャを行ったことでQB指名の線は薄くなり,さらにその約10日後に49ersが全体3位にトレードアップ.上位3チームのQB指名が濃厚となったことでファルコンズはQB以外なら誰でもピックできる状況となりました.

これでライアンに関しては一安心で,4位指名でTEカイル・ピッツあるいはトレードダウンしてD#を厚く補強という気持ちでした.実際,公式Twitterもピッツに関するツイートを度々投稿したり,ピッツが唯一インスタグラムでフォローしているチームがファルコンズ (すぐ外したらしい)だったりと露骨に匂わせていました.

しかし,直前に49ersが3位でQBトレイ・ランスorマック・ジョーンズという噂が入り,4位でジャスティン・フィールズが残っていたら指名するかもというオタク特有の逆張りが発動して今日は朝の4時まで寝られませんでした.

 

という感じでドラフト直前の個人的な願望は4位でピッツかトレードダウン,この2パターンに優劣はなし!

 

1巡4位指名 カイル・ピッツ, TE, フロリダ

大方の予想通りカイル・ピッツを指名.TEの全体4位指名は史上最高とのこと.

ステイでの指名ではベストな選択だと思います.

雰囲気はTEというより大型WRに近く,サイズもスピードも申し分なし.20シーズンは8試合で12TDと大暴れ.ブロッキングに関してはまだまだ伸びしろ.

現役選手との比較としてはトラビス・ケルシーやダレン・ウォーラー挙げられています.他にもカルビン・ジョンソンと比較する声もあり,スケールの大きさが伺えます.

 

新HCアーサー・スミスは元はTEコーチ,タイタンズOC時代は4割近いプレーでTEを複数人起用しているということで,ピッツは初年度のスミスにとっても非常に良い指名だと思います.ちなみにドラフト前のファルコンズのTE事情は

TE1ヘイデン・ハースト:昨年は悪く無い活躍だったが,まだ伸びる

TE2リー・スミス(ビルズより新加入):ブロッキングメイン

TE3ジェイデン・グラム:昨年は存在感皆無

という感じ.この3人だとリーグ平均くらいかなあ

 

さらにピッツはエンドゾーンでのターゲット不足,心許ないパスプロ,軽量型の多いWR陣というファルコンズO#の課題を広くカバーできるポテンシャルもあるため来季のO#が非常に楽しみです.

 

とにかく規格外の化け物であることは間違いなさそうなので怪我なく大暴れしてNFLを代表するスターになって欲しいです.

 

2日目への期待

1日目でO#最高のタレントを指名することができました.何よりフロントのライアンで勝つという意志がわかったことが非常に嬉しい.

しかし,ファルコンズの最大の問題はD#にあります.特にEDGE,CB,Sに関してはレベルも層も物足りません.残りの指名権を使って手広く補強していきたいところです.特にSのトレボン・メイリグやEDGEアジーズ・オジュラリらはニーズにもマッチしていて良さそうです.

また,昨年のドラフトでも同じことを言いましたが,エース級のRBがそろそろ欲しいです.1巡でナジー・ハリスとトラビス・イティエンが指名されましたが,個人的にジャヴォンテ・ウィリアムス,ケニス・ゲインウェルあたりの指名は少しだけ期待しています.

 

 

【MattyIce通信2020】シーズンまとめ

 今回は2020シーズンのマット・ライアンを振り返っていきます.

 去年の振り返りはこちらからどうぞ.

majoranafalcon.hatenablog.com

 

2020シーズンのスタッツ

主要スタッツ

f:id:majorana0923:20210116152355p:plain

*()はリーグ内順位(INTは多い方が順位高)

 試合数は去年より1試合多いですが,成功数とヤードは上位の一方でTDやレーティングは凡というスタッツの傾向はほぼ変わりませんでした.しかし,今年はQBのスタッツ自体が全体的に向上しているため,数字自体は大きな変化はないものの,リーグ内順位は落ちています.今年に関してはフリオが9試合しか出場していないこともありますが,去年より成績は若干悪化しているといった感じでしょうか.しかし,これはライアン自身の調子もありますが,O#自体に変化がない,即ちランO#,パスプロテクションといった去年からの課題が改善されなかったと見ることもできます.

 

 シーズン単位では安定感があるかもしれないが,試合単位でのパフォーマンスを見ると,過去2年かなり波があります.

f:id:majorana0923:20210116195325p:plain

2019-20年の試合毎のレーティング

 区画毎のレーティングは下のようになっています.

f:id:majorana0923:20210116214601j:plain

全体的にシーズン見てきた中でのイメージとのギャップは少ないです.まず,10-20Ydsの左と中央,20+Ydsの右側のレーティングが平均よりだいぶ高いのは恐らくリドリーの得意なルートと相関がありそうです.一番上の区画のカバー範囲が広いので一概には言えませんが,ほとんど成功した印象のないディープパスは左側と中央で平均以下です.また,スクリメージラインより手前のパスが昨シーズンと比較してもだいぶ悪いのはYAC(Yards After Catch)が出ないことが影響してそうです.実際,今年はYAC/Comp(4.1)がリーグ31位,Air Yards(2,913)が1位,YAC(1,413)で最下位と顕著です.初めはフリオの不在が原因かなと思ったのですが,昨年もYAC/Comp(4.0)が32位で最下位とO#全体の問題のようです.

 

 また,今シーズンのファルコンズO#の大きな課題としてレッドゾーンO#がありました.レッドゾーンTD%は53.45%で26位,1位のパッカーズとは25%近い差があります.ただ,実は去年の51.67%(25位)とほぼ変わっていないことからライアンの調子が特別悪かったというよりそもそもコエッターのプレーコールに問題があると思います.スタッツを見ると,レッドゾーン内でのアテンプトは多いですが成功率がかなり低いです.さらに,Week12の時点ではレッドゾーン内での被サックがリーグトップでした.

f:id:majorana0923:20210117175651p:plain

 

 QBを何で評価するかというのは人によって意見が分かれるところだと思いますが,一応参考程度にTotal QBRとPFF overallグレードを見ておきます.まず,ESPNが提供しているTotal QBRはパス,ラン,ターンオーバー,サックなどのQBが関与するプレーの試合への貢献度をシチュエーションを踏まえた上でefficiencyとして評価した指標(という認識)です.詳しい説明はwikiをご覧ください.指標としての賛否はあるようですが,私としてはフリーで手に入るという点が非常に有難いです.平均は50前後で75前後でプロボウル級という基準だそうですが,今年のライアンは67.0でリーグ16位でした(昨年は59.6で14位).先ほども述べた通り,今年は全体的にQBのスタッツが優れているようです.ちなみに,MVPをとった16年(83.3)と同様の成績ながら7勝に終わった18年(65.7)では,ガベージタイムに補正がかかる分差が出るというわけですね. 

 

 PFFグレードも試合背景を考慮した上でプレーを加点減点していく方式の指標ということですが,フリーではoverall グレードのみアクセス可能です.今年は83.1で11位/40人ということで,昨年の76.0(16位/37人)からは良くなっているようです.

 

 その他Twitterで見かけた気になる数字をまとめます. 

 

 

 

 

 

2020シーズンに達成した主な個人記録

  • Week1 通算パス獲得ヤードがジョン・エルウェイ(51,475Yds)を抜いて史上9位に

次の目標はイーライ・マニングの57,023Ydsです.来シーズン中には到達できるでしょう.

  • Week6 4年ぶりの週間MVP

 開幕5連敗→GM&HC解雇,さらにライアン絶不調という中で最高のパフォーマンス.この頃は健在だったフリオとのホットラインはやはり最高でした.

  • Week8 史上5人目のパス50,000+Yds,ラン1,000+Yds,ラッシングTD10+
  • Week9 キャリア13シーズンでのパス成功数がペイトン・マニング(4,682)を抜いて歴代1位
  • Week14 キャリア13シーズンでのパス獲得ヤードがペイトン・マニング(54,622)を抜いて歴代1位
  • Week15 通算TDパスがフラン・ターケントン(342)を抜いて歴代10位に
  • Week15 10年連続シーズンパス4,000Yds

NFL記録はブリーズの12シーズン.怪我がなければかなり現実的.

  • Week17 キャリア13年でのパスTDがブレット・ファーブ(346)を抜いて歴代4位に
  • Week17 通算7度目のシーズンパス4,500Yds

NFL記録はブリーズの通算8度.この記録は結構凄い.

 

 

ライアンのファルコンズでの未来は?

 上では,客観的なスタッツを中心に述べてきましたが,ここでは実際のところどういう印象だったかという完全に主観でのお話です.

 

 まず,平均より上くらいのスタッツに関しては,それ自体を問題視する必要はそこまでないと思っています(特にレーティングなどに関してはパスに頼らざるを得ない状況になるとアテンプトが増えるため,数値が伸びにくい).むしろ今シーズンは,というより今シーズンもリーグワーストのランO#,平均以下のパスプロ,絶対的エースWR不在の中でO#がなんとか形になったのはライアンの"パサー"としての能力の高さのおかげだと思っています.ボールを持ちすぎてサックを受ける場面が多かったのは良くなかった点ですが,同時にプレーが崩れたときのアウトサイドポケットからのパスやスクランブルの判断は良かったと思います.

 

 恐らく,ここまでは多くのファルコンズファンが同じような意見を持っている思っています.問題はここからで,4勝しかできなかった原因にライアンはどれだけのウェイトを占めているかという点.ここに関しては,チームがどの方向性で進んで欲しいかでかなり意見が分かれると思います.実際,ドラフト4位指名権というQB指名には絶好のポジションにいる,ファルコンズのQB以外のニーズで4位指名にふさわしい選手の不在というのもこの問題を難しくしている原因の一つです.超絶ライアン贔屓の私としては,勿論ライアンのクラッチ次第では勝てたゲームはあるが,それ以前に改善するところがあるという意見です.まずは,D#とランをリーグ平均レベルまで引き上げるところから初めて,それでも勝てないならライアンを変えるべきだと考えています.

 サラリーの関係で,来年のスターターはライアンだと思いますが,それをライアンで勝ちに行くシーズンにするのか,QB交代に備えるためのシーズンにするのかはドラフトで明らかになるでしょう.

 

新HC決定

 ライアンの将来にとって一番重要なのが来季の首脳陣.レギュラーシーズン終了後から様々なコーチとのインタビューが行われてきましたが,1月16日にHCがついに決定.

 来年からファルコンズの指揮を取るのは今年タイタンズのOCを努めたアーサー・スミスとなりました!

実はダン・クイン解任後,アーサー・スミスとかやってくれないかなあと密かに思っていたのでまさかという感じです.理由は非常にシンプル,レッドゾーンO#の強さです.タイタンズでOCを務めた2年間で19年はレッドゾーンTD%が77.36%でリーグ1位,20年は74.24%で2位と素晴らしい数字.さらにこの2年間でのO#のTD数は(プレーオフ含めて)120でリーグ1位.また,スミスの下でRBデリク・ヘンリー,QBライアン・タネヒル,WR A.J.ブラウン,コーリー・デービスらがキャリアイヤーを送りました.

私がスミスのO#に期待するのは安定したランと効率的なパスそして高いTD%.RB1はドラフトで上位指名するとして,優秀なパサーと素晴らしいレシーバーはすでに揃っています.16年とまでは言わずともファンとなるきっかけとなったハイパーO#の復活に期待したいです.頼むぞ!!!

 

 そして,D#にも朗報が.ベテランDCのディーン・ピーズがスミス体制に何らかの形で関わる可能性があるとのこと.ピーズはペイトリオッツ時代にはLBコートとして,レイブンズ時代にはDCとしてスーパーボウル制覇に貢献.18-19シーズンの2年間はタイタンズでDCを務めましたが,昨シーズン終了時点で引退していたようです.

ファルコンズD#はドラフトでしか補強の機会がない分,現状いる選手のステップアップが不可欠です.その中で,実績のあるコーチを呼ぶことができれば願ったり叶ったりです.

 

 そして,GMに関してですが,セインツの人事VP/アシスタントGMテリー・フォンテノになりそうとのこと.セインツのシーズンが終了するまではな契約はできないとのことだったので,もうすぐ発表があると思います.ただ,決まること自体は嬉しいのですが,それによってセインツが複数年にわたって補填ピックを獲得するのは解せません.

 

2021シーズンへ向けて

 GM&HC探しも一段落しそうということで,ここからの関心事はFAとドラフトになります.前者に関しては補強というより誰を引き止めるのかという話が中心です.後者は何より全体4位の使い道でライアンの将来がほぼ決まると言っても過言ではないので,落ち着かない日々はまだしばらく続きそうですw チーム状況は良くありませんが,今は上がり目しかないので前向きにオフを楽しめたらなと思っています.

 

 という感じで2020シーズンの定期更新はこれで終了となります.大して内容もなく拙い文章の記事ばかりだとは思いますが,ここまで読んでいただき本当にありがとうございました.来年は忙しくなるので,記事のボリュームは落ちると思いますが,できる限り毎週更新するつもりなのでまたよろしくお願いします.

【通信簿2020】今シーズンのファルコンズを振り返る

 レギュラーシーズンも終了ということで,今回はシーズンを通しての選手評価をしていこうと思います.前半戦(Bye前のWeek9まで)の通信簿はこちらからどうぞ

majoranafalcon.hatenablog.com

 こういう評価系の記事は今年からなのですが,私がやるとかなり厳しくなってしまうということがわかりました.まあ,成績が成績だししょうがないか......

 

 評価はポジションごとに加え,主力選手は個人評価も入れていこうと思います.ポジションの評価に関してはスタッツメインかつ控えの選手の評価も考慮するので,個人の評価の平均となっていないことに注意してください.

 評価方法は単純に5点刻み100点満点で採点し,90点以上でS,80点以上でA,70点以上でB,60点以上はCでここまでが合格ライン,59点以下は不合格でFとします.

 

 スタッツはPro Football reference,ESPNからとってきています.D#に関しては,両サイトで若干数値の違いがあるので,ESPN参照のシーズン成績を載せています.

 

オフェンス

QB

50点 F (-15) 

 マット・ライアン 50点 F (-15) 

f:id:majorana0923:20210107004822p:plain

 細かい評価等は後日「MattyIce通信」の方でまとめる予定です.
 前半戦はD#の崩壊により,ライアンの力ではどうにもできない敗戦が何試合かありましたが,後半はNO,@LAC,TB,@KCなどライアンが頑張れば勝てたかもしれない試合が多くあったので点数を下げました.

 スタッツも後半は悪く,特にWeek11-14までは成功率55.1%, 4TD, 6INT, Rate 66.0, YPA6.6と乱調.

 PFFグレードはWeek9→Week17で83.5(8位)→83.1(11位),QBRは78.7(7位)→66.8(16位)と下がっています.

 

WR

80点 A (-5) 

フリオ・ジョーンズ 75点 B (-10) 

カルビン・リドリー 80点 (-5) 

ラッセル・ゲイジ 80点 (+5)

f:id:majorana0923:20210107011110p:plain

 フリオは後半戦はハムストリングの怪我でほとんど出れていないのでダウン.

 その代わりにメインターゲットとなったリドリーは100Ydsゲーム数,20+Ydsのレシーブ数はリーグ1位Tではありますが,TDが前半に比べて減った,キャッチ率が低い等,物足りない部分は感じています.

 それでもなんだかんだ2nd Team All-Proに選出.まだまだ伸びます.

f:id:majorana0923:20210107012150j:plain

  3人の中で唯一評価を上げたのは後半はWR2のゲイジ.こちらはリ後半のリドリー以上に勝負強さが光る場面が多く,(パス)O#が苦しい中でなんとか持ち堪えることができたのは彼の貢献が大きいと思います.

 

RB/FB

40点 F (-20)

トッド・ガーリー 40点 (-25)

ブライアン・ヒル 45点 F

イトー・スミス 60点 C

f:id:majorana0923:20210108002708p:plain

 ガーリーはシーズン序盤こそ1000Ydsペースだったものの,後半は失速し,スナップ数も激減.シーズン終盤からはRB1→RB2に降格ファルコンズの得点力向上への貢献が期待されましたが,来季の契約延長はまずないでしょう.

 ヒルはスタッツはそこそこに見えますが,これはWeek17の62Ydsランのおかげであり,ガーリーと同じく不合格.

 後半戦唯一及第点のパフォーマンスを見せたのはイトー・スミス.最終的にRB1となりましたが,当ブログでも述べているように1番手としては明らかに物足りない.2番手としては平均以上くらいというところでしょうか.

 一応レシービングの方も載せておきます.レシーブに関しては去年のフリーマンの方が圧倒的に貢献度は高いです.ファルコンズにはレシーブのできるタイプのRBの方が合うと思うので,ドラフトに期待したいところ.

f:id:majorana0923:20210108002724p:plain

  

 あまり気にしていませんでしたが,FBのキース・スミスは地味にPFFグレードが1位/12人だそうです.ここに関しては特にいうことはないでしょう. 

 

TE

55点 F (±0)

ヘイデン・ハースト 65点 C

ルーク・ストッカー 45点 F

f:id:majorana0923:20210108004446p:plain

 3年目のハーストはWeek11-14で失速し,Week15以降は3試合連続でTDとなんとか盛り返しました.今シーズンはレシーブの後すぐに捕まって悔しがってる場面が多かった印象です.昨年まで在籍していた現CLEのオースティン・フーパーの3年目と比較すればそこまで大きな差はないですが,フーパーの方がレシーブが上手いのは事実.現状,点数はそこまで高くありませんが,ここから伸びていくと信じているので現状そこまで心配していません

 ベテランブロッキングTEのストッカーは,後半はレシーブでの1stダウン獲得や,ヒルの62Ydsゲインの際のブロックなど良い場面もあったが,それだけ.ハーストが1番手の中の2番手と考えるとどう考えても物足りない.

 一応,3番手のグラムもいますが,前半と同様いつ出ていたか分からないレベル.

 ドラフト中位くらいでとった方が良さそう.

 

OL

60点 C (-10)

LT ジェイク・マシューズ 70点 B (±0)

LG ジェームズ・カーペンター 55点 F (-5)

C アレックス・マック 65点 C (-5)

RG クリス・リンドストロム 80点 (±0)

RT カレブ・マクゲイリー 60点 C (-5)

 前半戦はランブロ,パスプロともにグレードアップとポジっていましたが,後半は強力なDLを誇る相手を前に苦戦.サック数に関してはライアン持ちすぎ問題もありますが,前半9試合で19だったのが後半7試合で21.試合平均で約1増えています.ESPNによればPass Block Win Rateは57%でリーグ16位,Run Block Win Rateは69%で28位.全体としては現状は平均より下くらいでしょうか.

 また,後半はLGカーペンター,Cマックは怪我でそれぞれ3試合,2試合欠場.その代役をLGにゴノ,Cにヘネシーが入りましたが,悪くはないけど別段良くもないという感じ.ヘネシーに関してはFAとなるマックの後釜が期待されているので良い経験になったのではないでしょうか.

 昨年のドラ1コンビはRGリンドストロムはPFFグレードは9位/84人と順調に成長,一方でRTマクゲイリーは56位/83人とかなり微妙.マクゲイリーに関してはパスプロが甘い部分があり,相手のスターパスラッシャーはなかなか止められていません.特にキャメロン・ジョーダン.

 同地区のチームはどこもDLが優秀で力のあるパスラッシャーを揃えているので,それをしっかり抑え込めるOLの構築は地区を生き残る上でマスト.

  可能性は低そうですが,ドラフト4位でオレゴン大のスウェルが取れるならば,指名もなしではないと思ってます.

 

ディフェンス

DT

75点 B (-5)

グレイディ・ジャレット80点 (-5)

タイラー・デヴィスン 50点 (+10)

ジョン・コミンスキー 60点 C 

f:id:majorana0923:20210108121934p:plain

 試合あたりのラン喪失ヤードが95.6Ydsでリーグ6位と優秀だが,相手のラン自体がリーグで2番目に少ないのと,1キャリーあたりの喪失ヤードが4.4Ydsでリーグ15位と盤石というわけでもありません.

 このユニットの大黒柱であるジャレットは後半少し調子を落とした感はありますが,パスラッシュ,ランストップともに高水準.

f:id:majorana0923:20210108233241j:plain

f:id:majorana0923:20210108233252j:plain

  残りのデヴィソンとコミンスキーはそこまで大差はない印象ですが,現状コミンスキーの方が良いかなと思っています.

 このポジションに関してはファルコンズD#の中では相当優秀な方なのでドラフト上位での優先度は低いかなと思います.ただ,実際Week2, 17で怪我で離脱した際の影響を見ればわかるようにジャレットありきなのは事実なので,彼以外の面子の成長に期待したいところです.

 

DE

30点 F (±0)

ダンテ・ファウラーJr. 40点 F (±0)

ティーブン・ミーンズ 35点 F

ジェイコブ・トゥイオティ=マリナー 45点 F

アレン・ベイリー 30点 F

f:id:majorana0923:20210109224509p:plain

 間違いなくリーグ最低レベルのユニット.Pass Rush Win Rateは49%でリーグ4位という驚きのデータがあるが,これはほとんどDTジャレットのおかげ.(ちなみにRun Stop Win Rateも4位.)実際,サック数も全員ジャレット以下.

 まず,パスラッシュ増強のためにFAで補強したファウラーは見事に爆死.シーズン3サックはキャリアワーストで,去年の11.5サックはやはりチームにドナルドがいたからなのかもしれない.来年以降サラリーが上がるので,このままの状態が続くと近年最低レベルのFAバストになる可能性.

 ミーンズ,ベイリーのベテランコンビはまあこんなもんでしょうという成績ですが,そもそもこの二人のスナップ数がポジション内1位と3位の時点でこのチームのDE事情がいかに終わっているかがよくわかります.

 トゥイオティ・マリナーはWeek12で週間MVPを獲得というサプライズがありましたが,その後は目立った活躍はなし.

 ドラフトのニーズ的には一番優先度が高いと思っています.しかし,残念なことに一昨年のボサ,去年のヤングのように最上位で指名するのにふさわしいプロスペクトが不在なのが非常に痛い.また,ドラフトだけでは不十分かつ,FAで大型契約も非現実的なので,現状のメンバー,特にファウラーの復活やトゥイオティ・マリナーの成長が不可欠

 

LB

80点 A (±0)

フォイエ・オルオクン 75点 B (±0)

ディオン・ジョーンズ 75点 B (±0)

イカル・ウォーカー 75点 B

f:id:majorana0923:20210109231744p:plain

 まず,ブレイクイヤーとなったオロウクンはタックル数チームトップ,FF4はリーグ4位T(同率10人)でした.特に,チーフス戦のレッドゾーンでのINTが印象的でした.

 ディオン・ジョーンズはタックル数は6試合に出場に終わった18年以来最低の数字(ちなみに16年は16試合換算で約140ペース).一方,サック数はキャリアハイかつチームトップでしたが,これはパスラッシュが掛からずブリッツを多用した結果かもしれません.

 ウォーカーは今年のドラフトで1番の掘り出し物.スナップ数はが少なく,ビッグプレーがあったというわけではありませんが,PFFグレードはルーキーLB中1位,ファルコンズのD#選手全体でも2位.バレージグレードは90.7152回のカバレージスナップで74Ydsしか許していないそうです.さらにPFFのオールルーキーチームにも選出.来年のブレイク候補.

 突出した選手がいるわけではありませんが,3番手まで高いレベルでまとまっています.さらに,オロウクン,ウォーカーという期待の若手もいる分,ファルコンズD#で希望のもてるポジションでしょう.

 

CB

35点 F (-15)

A.J. テレル 60点 C (-10)

アイゼア・オリバー 45点 F (-5)

ケンドール・シェフィールド 30点 (±0) 

f:id:majorana0923:20210110165149p:plain

f:id:majorana0923:20210111214915p:plain(写真2枚目に関してはPro Football Referenceより)

 

 まず,ドラ1テレルは前半戦は良かったものの,後半はマイケル・トーマス,マイク・エバンスらリーグ有数のWR相手に良いようにやられてしまいました.いずれも同地区の選手ゆえ来年以降も多く対戦することになるので,今年の反省を生かして欲しいところ.

 オリバー,シェフィールドは成功率70+%, Rate120近くということで,少なくともスターターのレベルではありません

 若手は苦戦しましたが,ベテランは予想を超えるパフォーマンスを見せました.

デナードは8試合の出場に留まりましたが,かなり安定していたと思います.しかし,終盤のTBとKC戦に出ていないので,そこでスタッツが荒れていた可能性もあります.

レ・ウィルソンはスナップ数は少ないですが,INT数はチームトップ,さらにCAR, LAC戦で2minで2回のINTと勝負強さが光りました.

 パスD#は成功率26位,YPA28位,喪失ヤード32位,TD30位,Rate27位,20+Ydsのパスの成功数32位とあまりにも悲惨.ドラフト上位で指名したいところですが,最優先がエッジラッシャーであること,大型補強するお金もないこと,デナードとレ・ウィルソンがFAであることを考えると重点的な投資は難しそう.そのため若い面子の成長が不可欠ですが,オリバーとシェフィールドじゃなぁ......

 

S

65点 C (-5)

キアヌ・ニール 70点 B (±0) 

リカルド・アレン 60点 C (±0) 

f:id:majorana0923:20210110165834p:plain

  ニールはここ2年間ほとんど出場していなかったことを感じさせないパフォーマンスでした.

 アレンは今シーズンに関してはCBですが,一応本職の方で載せておきます.正直,成績はすこぶる微妙ですが,DBに関しては頭数が足りないので,妥協せざるを得ないという感じ.パスカバーに関してはビッグプレーに(悪い意味で)関与することが多かったです.

 このポジションに関しては,今シーズンがどうだったかというより来シーズンがヤバい.1番手のニールに加え,今シーズンは怪我で4試合しか出ていませんが,18年のINTリーダー,ケイズィーがFA. ここもドラフト上位指名の優先度は高め.

 

スペシャルチーム

K

75点 B(+5)(ヤンウェイ・クー)

 37/39で成功数1位(フランチャイズレコード),成功数は3位,50+Ydsは8/8,プロボウル初選出と大躍進のシーズンになりました.一方で,試合を決定する場面でのキックがほとんどなかった,さらにはKC戦でのOTがかかった場面での失敗等もあり,オールプロには選ばれませんでした.今年FA.

 

P

55点 F(スターリング・ホフリッチャー)

 スターターでは平均Ydsが最下位,その他スタッツも低水準ですが,ルーキーイヤーは大目に見ると決めたので我慢.(それにしてもパントが有利にはたらいた場面はほとんどなかったなぁ.)

 

まとめ

f:id:majorana0923:20210111233310p:plain

 シーズン通してのPFFグレードは以下の通り.

 個人的な2020シーズンのMVPは......

O#:カルビン・リドリー WR

D#:フォイエ・オルオクン LB

にしておきます.惜しくも落選はRGリンドストロム,Kクー.正直,MVPは勝利にどれだけ貢献したかで決めるべきだと思っているのですが,如何せん4勝しかしていないので該当者とめちゃくちゃ迷いました笑

 

 開幕前の記事では,「終盤までプレーオフ争いに絡むこととと,貯金を作ること」が個人的な願望と述べましたが,見事に期待を裏切られる形に.Week2のDAL戦を落としていなかったら全てが変わっていたかもしれないと思うと悔しいシーズンです.

 来シーズンは新GM,HCの下,新生ファルコンズに期待したいところですが,まず待ち受けるのが絶望的なキャップ事情.ライアン(40M),フリオ(23M),ジャレット(20M),マシューズ(20M)の4人だけで約100Mという地獄.さらに,全体のキャップも今年より下がるため,この4人で半分以上占有することになります.また,現状すでに30Mほどオーバーしており,補強はほぼドラフトに頼るしかない状況です.それゆえに今持っている全体4位の使い方が,チームの未来にとっていかに重要かは言うまでもありません.

【MattyIce通信2020】Week17 vsバッカニアーズ

振り出しに戻る

 

 2020シーズンもようやく最終週.この17週間を長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思いますが,ファルコンズファンの私としてはようやく終わるという気持ちしかありません.

 対戦相手は@バッカニアーズということで2週間前のリベンジ!と行きたいところですが,ドラフト順位的には負けた方が美味しいという......

 

試合の感想

f:id:majorana0923:20210104224756p:plain

  圧倒的敗北.前半は先週と打って変わって13点ビハインドの展開で,このまま虐殺モードに入るかと思いましたが,3Qから追い上げ,4Q終盤まで3点で食らいつきます.

しかし,4QにD#が踏ん張り切れず,O#も単調になりそのまま点差をつけられて終了.この試合も例によって途中までいい感じだったのでとても悔しい!!!

 

オフェンス

 この試合もWRフリオとCマックが欠場でしたが,TBのD#もLBホワイト,バレットという主力が欠場.同時にWeek15の前半のようにうまくはいかないよねというところで得点としては同じ27.

 しかし,今まで見られなかったミスが続出.

f:id:majorana0923:20210105003938g:image

f:id:majorana0923:20210105003844g:image

 おいおいWeek17だぞとツッコミを入れたくなる酷いハンドオフ.特に2つ目に関してはハンドオフとほぼ同時にライアンが#31をブロックしなければいけなくなり,結果RBの方から目線を切ってボールが収まらないという今シーズンでも屈指の糞プレー

 

 そして4Q3:18, 1st&10からリドリーのファンブル.この日は他にもドロップも2つ,エンドゾーンで取って欲しいパスというのも1本ありました.リドリーは普段のパフォーマンスは素晴らしいのですが,ここぞの場面で輝けず,ドラ1としては若干物足りません.2番手として考えれば間違いなくリーグトップクラスなのですが......

f:id:majorana0923:20210105003859g:image

 結局ターンオーバーから17点失っているので,O#の地力はそこそこだけど拙攻が続いてしまったというところでしょうか. 

 

 また, OLはTBとのレベルの違いを痛感しました.先週に引き続き,Cマックの代役を担うヘネシーは,先週は3ペナルティで悪目立ちしたものの,この日は悪くはなかったと思います.良くもないけど.

 

 ランに関しては,恐らくシーズン最長の62Ydsのゲインが飛び出しましたが,それを差し引くと平均2.6Ydsと相変わらず.

 ガーリーはもはやスクリメージを超えるだけでよくやったと思えてしまうレベルになってしまった.エンドゾーン手前での押し込みももうできません.

 

 そして,大きな課題の一つであるレッドゾーンO#の酷さは顕在.一応3/5でTDということですが,この3回も3rd&17だったり,4thダウンだったりとなかなかスムースにいきません.レッドゾーンまではある程度うまく進み,そこから一気に急ブレーキがかかるO#は最後まで治りませんでした. 

 

ディフェンス

 D#に関しては酷すぎてビデオ見直してません!ごめんなさい!

 2週間前の後半から恐らく全てのほぼ全てのドライブで得点されています.この試合も,最後のニーダウンと不運なINTを除けば全て失点しています.では具体的に何が良くなかったのかというと,あくまでライブ観戦時の感想ですが,何もよくありませんでした.

 

 まず,DB陣が相手のレシーバー陣に対して完全にこの力で負けている.加えて,パスラッシュが全くかからない.これでブレイディを止められるはずがありません.南無

 

 さらに,シーズン序盤に連発していたようなファルコンズクオリティも炸裂.27-30で3点差に迫ってからの残り8:19からのドライブでは,DEファウラーのサックから3rd&12まで追い詰め,ここを止めると一気に流れが来るぞという場面で47Ydsのパスを通されるという体たらく.

 

 この試合のPFFグレード上位2人はスナップ数の少ない選手で,この評価からも何も前向きに捉えられる点がないことがわかります. 

 

スペシャルチーム

 Kクーちゃんは先週の傷が癒えたのかはわかりませんが一応短いFGを2/2で成功.

 WRクリス・ローランドのキャリア初のキックオフリターンはまずまずでした.スピード結構ありそうで,来年も見てみたいなと思わせてくれました.

 

ライアンのパフォーマンス

f:id:majorana0923:20210104225115j:plain

f:id:majorana0923:20210104224814p:plain

 ひっどいハンドオフを除けば,そこまで悪くはなかったのかなと思います.ただ,結果的に勝てなかったわけなので良いパフォーマンスとは言えません.いつもと同じです.

 一応,ここ3試合での成績は割と良いのですが,サークOC2年目の18年のようにD#は完全崩壊してどれだけ点をとっても無理!というわけではなく,普通にO#で詰めきれない状態だったのが辛いところです.

f:id:majorana0923:20210105014329p:plain

 

 一応,シーズンのパスヤードが4,581Ydsとなり,通算7度目の4,500Yds越えということで,あと1回でブリーズのもつNFL記録8度に並びます.

また,キャリア13年でのパスTDが347本となり,ファーブを抜いて歴代4位になりました.

 

同地区の様子

ニューオーリンズ・セインツ(12-4) @CAR W 33-7
タンパベイ・バッカニアーズ(11-5) ATL W 44-27
カロライナ・パンサーズ(5-11) NO L 7-33

最終的には堂々の地区最下位,というかNFC最下位

 

 

次戦への期待

 レギュラーシーズンはもう終わりですが,一応11月に投稿した通信簿のシーズン全体版とMattyIce通信の2020年振り返りの記事を来週再来週で書けたらなあと思っています.今季の感想やドラフトについてはそちらの方でまとめる予定です.ということで来週再来週の自分に期待.

 

画像出典元

https://www.atlantafalcons.com/photos/

https://nextgenstats.nfl.com/ 

 

【MattyIce通信2020】Week16 vsチーフス

結果は想定内,内容は想定外

 

 怯えながらもなんだかんだ楽しみにしていたチーフス戦(13-1).勝ち負け以前にリーグ最強のパスO#がリーグ最弱級のパスD#と対峙するとどうなるのか1NFLファンとして興味がありました.しかし,結果はまさかの......

 

試合の感想

f:id:majorana0923:20201228215358p:plain

 リーグ最強のチームを相手にまさかの善戦.スコアを見れば分かる通り,D#は非常に粘り強く守っていました.しかし,O#で流れを掴みきれず,サックやターンオーバーがあったりと,フラストレーションの溜まる内容でした.

 最終的にはオーバータイムまでもつれるかと思いましたが,プロボウラーKヤンウェイ・クーが39Ydsをまさかの失敗.そのまま試合終了となりました.タイムアウトやチャレンジなど香ばしい場面は多々ありましたが,終わってみれば良い試合だったと思います.

 正直,予想を遥かに越える好ゲームだっただけに,負けたのは非常に悔しい.これで4連敗なわけですが,全て5点差以内です.接戦を落とし続けているわけですが,NO,TB,KCといった相手に善戦したということは前向きに捉えても良いと思います.

 

オフェンス

 エースWRフリオ・ジョーンズ,Cアレックス・マック,LGジェームス・カーペンターがアウト.

 先週はランD#リーグトップのTBに対してパス偏重のO#を展開しましたが,前半はほとんど半々,4Qはほぼパスでトータルはパス6ラン4の普段通りの数字に落ち着いています.

 ここしばらく壊滅していたランO#に関してはコンスタントにゲインできていました.RB1に昇格したイトー・スミスは10キャリーで46Yds,ブライアン・ヒルは7キャリーで51Yds,トッド・ガーリーは4キャリーで16Ydsとまずまずの結果.ヒルとガーリーに関してはレシービングでも貢献(当社比).エース級がいない中でうまく併用できていたと思います.

f:id:majorana0923:20201229000657g:image

 ↑久しぶりの気持ちの良いラン

f:id:majorana0923:20201229003348g:image

↑今シーズンでは珍しいガーリーのナイスレシーブ.

 

 パスO#に関しては,フリオがいない中で先週と同様多くのレシーバーに投げ分けるということはできていました.特にカルビン・リドリーは5rec, 130Ydsという素晴らしいパフォーマンス.

 ライアンのスタッツからも分かるように成功率も高く,ビッグプレーもチーフスに負けず劣らず出せていましたが,大事な場面でコールが酷かった.例えば,3QでマホームズからINTを奪った直後のドライブ.2連続でサックを受けて3凡.ライアンの持ちすぎもありますが,レシーバーがあまりにもオープンになれずなす術なしといった感じ.

 

 また,4Q最後のドライブ,敵陣21Yds,1st&5から3プレー全てインコンプリート2度のブリッツには全く対処できず,残りの1回もプロテクションが崩壊.あまりにも簡単にやられすぎです.

f:id:majorana0923:20201229010044g:image

 

 この試合では先に述べたように,OLのスターターが欠場.Cマックの代役はマット・ヘネシー,LGカーペンターの代役はマット・ゴノでした.2人ともPFF的にはかなりの辛口評価でしたが,個人的には予想よりは良い出来だったと思っています.特にヘネシーは将来的にマックの後釜になることが期待されているので,ペナルティ3度はいただけませんが,しっかり反省して気持ちを切り替えて欲しいですね.

 

ディフェンス

 まず,パスラッシュはEGDEが弱いこともあって内側からしかかからず,マホームズをなかなか捉えきれずにケルシーに通されるというパターンが何度かありました.また,タイリーク・ヒルやハードマンらの俊足WRのジェットスイープもなかなか対処できませんでした.

 しかし,この試合はパスカバーが非常に良かった.今シーズンベストだったと思います.ケルシーはわかってても止められませんでしたが,タイリーク・ヒルへのロングパス等のビッグプレーはほとんど許さず.マホームズのレーティング79.5はなんと今シーズンワースト!17得点も最少!

 そして,チーフスを17点に抑えられた最大の要因は2度のターンオーバーでしょう.

ニールのINTに関しては弾いた方が良かったですが......

今シーズンブレイク中のオルオクンの完璧なINT.

 

 総じて素晴らしい守りだった分,最後のドライブは悔いが残るものとなりました.まず,3rd&10でケルシーがワイドオープンになるという失態.そして,極め付けがルーキーCB A.J. テレルのINT未遂ファルコンズなので取っていれば勝ち!ではないかもしれませんが,取ってたらシーズンベストのファインプレーになっていたでしょう.結果はドロップですが,ヒル相手に勝利したというのは事実なので自信を持って欲しいですね.

f:id:majorana0923:20201229013004g:image 

 

スペシャルチーム

 クーちゃんはついにやっちまった.Twitterでも言われていましたが,今シーズン成功数は多いものの,試合を決める局面でのキックがほとんどなかったというのが響いたのだと思います.これが前任のブライアントだったら,ショックで寝込むところでしたが,クーちゃんは昨年も重要な局面で外していましたし,正直外しちゃったかぁ......という気持ちです.また,手のひらグルグルが始まるかもしれません.

 リターナーは今年のUDFAクリス・ローランドが昇格!するもリターンはなし.むしろ,ボールを見送ったせいでフィールドポジションが不利になる場面が2度ほどあり,なかなか厳しいデビューとなりました.

 

ライアンのパフォーマンス

f:id:majorana0923:20201228215415j:plain

f:id:majorana0923:20201228215435p:plain

 スタッツだけでみればマホームズを上回る内容.特に成功率は今シーズンベスト,YPAとレーティングは3位と"数字上"は申し分なし.Game Winning Driveは現役3位ながら今シーズンは未だ0です(ライオンズ戦......).NO戦,LAC戦やこの試合のようにあと一歩のところまでは行けるんですが,今年は最後の最後で詰めきれません.実際,プレーコールがマズかったり,フリオの不在が影響しているのは事実ですが,流石にこの状況が続くようではQBの座も安泰とは言い難いでしょう.頼むぞライアン!

  

 ハーストへのお洒落なショベルパス.チーフスがよくやる印象.SSニールのINTから98YdsのドライブをTDを締めることができたのは非常に良かった.

 

 トレッドウェルはここまで4tgt, 4rec, 34Yds, 2TDと少ないチャンスを確実に生かしています.来週フリオが出場できるかは不明ですが,レッドゾーンでのターゲットとして期待できそう.

 

 ドラフトは現在4位まで上がり,QB指名の雰囲気が漂ってきました.私はもちろん下げて欲しい気持ちの方が強いですが,正直今年のオフは覚悟を決めなければならないかもしれませんね.

 

同地区の様子

ニューオーリンズ・セインツ(11-4) MIN W 52-33

 カマラが6TDラン.カマラ”は”好きなので嬉しい.

タンパベイ・バッカニアーズ(10-5) @DET W 47-7

 DETが少し気の毒ですが,43歳でレーティング満点って......

 ちなみにライアンは一度も満点はないです.

カロライナ・パンサーズ(5-10) @WAS W 20-13

 この1勝はファルコンズ的にはもの凄く大きい.ハスキンス......

 

次戦への期待

 来週は再びTB12.最終戦の@Tは3シーズン連続ということでもはや恒例行事のようになっている.D#は先週完全に攻略されてしまったので,それに対してどう準備してくるのかは見ものです.基本的にTB12相手には何点あっても逆転される可能性があるので,後半でのアジャストにも注目してみたい.特にテレルはエバンスに一矢報いて欲しいところ.O#はライアンがあと184Ydsで7度目のシーズン4,500Yds,リドリーはあと78Ydsでシーズン1,400Ydsとなるのでこの辺りの個人記録だけ達成してもらえれば.

 来週負けると5連敗で始まり5連敗で終わるということになります.相手が相手ということもあり勝って欲しい気持ちもありますが,負けるなら負けるで派手な負け方はしないで欲しい.悲しいですが,今はあと1週で開放されるという気持ちが強いので......

 

画像出典元

https://www.atlantafalcons.com/photos/

https://nextgenstats.nfl.com/